ホーム技術力技術資料燃焼空気量及び強制換気量計算例

燃焼空気量及び強制換気量計算例
概略説明図
燃焼空気量及び強制換気量計算例・概略説明図
対象機種
AP45C:エンジン機種4TNE84T-GH2[40.8kW/3000min-1]
発電出力 :43.0[kVA](34.4[klW])
エンジンの燃焼に必要な空気量の計算例
エンジンの燃焼に必要な空気量の計算例
A' : 燃料1 kgを燃焼させるために必要な空気量(理論空気量)
b : エンジンの燃料消費率 g/kW・h
kW : 発電出力 kW
λ : 空気過剰率
ρ : 空気密度 (at303K{30℃}=1.165)kg/m3
燃料の種類と理論値
燃料の種類理論空気量(A`)
kg/kg-fuel
A重油1種1号14.6
A重油1種2号14.5
軽油14.7
エンジン及び発電機の放熱による室温上昇を10℃に抑えた場合の必要換気量
エンジン及び発電機の放熱による室温上昇を10℃に抑えた場合の必要換気量
Hu : A重油及び軽油燃料の低位発熱量 42.7MJ/kg(10200kcal/kg)=42.7×103KJ
Cp : 定圧比熱 101.3 kPa, 303K, Cp=1.01KJ/kg・K{760mmHg, 30℃, 0.241kcal/kg℃}
ΔT : 室内上昇温度と外気温度との差 ΔT=10K{℃}
K : エンジン及び発電機よりの放熱量の全発生熱量に対する割合(排気管に十分な断熱巻を行った場合)
給気側必要換気量
給気側必要換気量
排気側にて換気の場合の換気量
排気側にて換気の場合の換気量
排風路の許容抵抗値
ラジエータ排風路(ダクト、シャッター等)の抵抗値は全機種0.10kPa以下としてください。