据付条件
APシリーズは、共通台床上に運転に必要な機材全てを搭載しており、野外でも屋内でもそのまま設置できます。従って、簡単な基礎工事と配線、配管工事を行うだけで設置できますが、次の点を考慮して設置してください。
据付条件
1燃料油の補給経路が簡単であること。
2 十分な換気が得られること。
3 吸気側に強風(10m/s以上)が吹き込まない場所に設置すること。
4 機関排気を容易に排出できること。
5 ラジエータ排風や排気ガスが建物や植木等に影響を与えないように考慮すること。
6 ラジエータ排風のショートカットや排気ガスが滞留しない場所に設置する。
7 騒音、振動の影響の少ない場所を選択すること。
8 ゲタ基礎にパッケージを設置する場合、パッケージ底面からの透過音及び入線口からの音漏れに注意すること。
9 浸水などの水害を防ぐことが出来ること(発電機室だけでなく、関連する換気、排気、燃料などについても同様です)。
10 法定離隔距離を確保するよう設置すること。
【離隔距離】周囲:0.6m以上/操作面:1.0m以上/複数台設置の相互間:1.2m以上
※メンテナンススペースを考慮して1.5m以上としてください。
11 機器の搬入、搬出、分解、手入れが可能であること。工事の工程によって搬入路がふさがれ、搬入後にその通路、入口などに他の設備が出来、搬出不可能となることがありますので、注意してください。
12 保守点検に必要な保有距離を確保すること。
13 雪の多い地域で、野外設置の場合は簡単な発電機室を設けるなど、直接キュービクル内に雪の侵入がないこと。
14 キュービクル内にねずみ等小動物が侵入しないよう基礎工事、設置を行うこと。