ディーゼル発電機トラブル

定期点検放置による発電機のトラブル例

非常用発電機に必要なのは、私達プロの目と手による定期的・本格的なメンテナンスや整備は勿論ですが、発電機の一番近くにおられるお客様自身が発電機の調子を常に気にかけていることが最も重要であり、不良箇所の早期発見のための一番の近道と考えます。 以下に挙げているトラブル事例は診断させて頂いた結果一般的によく見つかるケースです。以下ような事が考えられる、または原因の分からない不良を確認・感じられた場合は、ご自分で修理しようとなさらず、即座に私共・三友工業(株)テクニカル営業部の専門スタッフにご一報下さい。スピーディー且つ的確に無駄なく対応させて頂きます。

コンデンサ発火トラブル

パンク・発火

定期点検を放置した結果、コンデンサから発火するなどの症例があります。素人判断で手を加えると大けがや大事故につながります。コンデンサにも寿命があるため、負荷試験や点検を実施し部品の交換を行うことで事故を未然に防ぐことができます。

冷却水系トラブル

ラジエーター・液洩れ・錆び・腐蝕

ラジエーター液は冷却水のことを言い、点検を放置しておくと冷却水に含まれる成分から、経年劣化を起こし液漏れが発生します。また、ラジエーター液が漏れ出すと、当然、錆や腐食の原因になり、本来、交換する必要のない部品まで交換しざるを得ないことになります。そうならないためにも早めに点検を実施することで、コスト削減にもつながります。また、ラジエーター液(冷却水)の交換も行っております。

ラジエーター漏水原因

まず、水漏が起きる原因として考えられる箇所は、ラジエーター本体、ラジエーターホース、ヒーターホース、ウォーターポンプです。 ラジエーター自体に色んな部品が取付られているため、漏水の原因を特定するためには、ラジエーターに関する部品を全て点検する必要があります。 1箇所だけしかみないような点検をしてしまうと、他の箇所からの漏水を見落としてしまうことになります。

冷却水ヒーター・汚れ・劣化・損傷トラブル

冷却水ヒータ損傷

冷却水の鮮度は環境や気候により変わりますが、1~2年程度とされています。この期間を過ぎてしまうと冷却水の鮮度は落ち冷却水が腐りだします。この腐った冷却水に長期間浸かることで、冷却ヒーターは劣化し付着物がこびりつきます。また、ヒーター設置孔の汚れの汚れや水垢が原因で配管が詰まるなどのトラブルを起こします。絶縁不良の原因は冷却水ヒーターの劣化も関係します。

冷却水(クーラント)に水を混ぜて使用してもいいの?

結論から言うと、冷却水(クーラント)に水を混ぜて使用することは可能です。ですが、冷却水(クーラント)には寒冷地でも冷却水が凍らないように不凍液が含まれています。不凍液以外にも錆を防止する防錆剤が含まれています。冷却水(クーラント)に水を混ぜて使用するということは成分も薄まってしまうため、冷却水が氷る沸点も低くなり、また、錆やすくなります。その結果、冷却水ヒーターだけではなく、サーモスタットやラジエーターといった他の機器にトラブルや不調を誘発する可能性が高くなります。特に定期点検や消防法点検を受けていないような状態の発電機にむやみに冷却水(ロングライフクーラント)の代わりに水を使用したり、混ぜて使用することは勧めできません。

冷却水配管・サーモスタットの劣化・水垢・錆・腐食トラブル

ゴム配管内の汚れ・詰まり

冷却水の腐食や水垢が原因で冷却水の配管が詰まります。配管が詰まってしまうと、正常にエンジンを冷却することができない以外にもサーモスタットにも影響が出ます。

エンジンオイル(エレメント)フィルタートラブル

オイルフィルター(エレメント)要交換

オイルフィルター(エレメント)を交換することで、オイルの中に溜まった不純物や機械屑などをフィルターにより除去し、詰まりなどを未然に防ぐ重要な効果があります。また、オイル漏れの原因として、パッキンの損傷なども考えれるため、オイル下がりが起こっている場合はオイル周りの点検も必要です。

オイル(燃料)漏れの原因

オイル漏れや冷却水などの漏れや混入の原因は軽微なトラブルから、重度のトラブルまで幅広いトラブルが考えられます。そのため、燃料漏れと一言に言ってもどのような状況で燃料漏れや燃料に冷却水が混入しているかにより、不具合の原因が明らかに変わります。特にディーゼル発電機のような大きなエンジンを搭載している場合、素人の判断ではトラブルの判断では、更に症状を悪化させてしまうため、異常を感じましたら、直ぐにご相談下さい。お客様から不具合状況をヒアリングさせて頂くことにより、場合によっては、早期対応でトラブルを最小限に予防することができます。

非常用発電機バッテリー(蓄電池)トラブル

膨張・水漏れ・電極板の錆び、劣化・結晶付着物

発電機のバッテリー(蓄電池)は災害発生時しか起動させることがないため、バッテリー(蓄電池)があがるなどのトラブルを起こしやすくなります。車と同様で定期的に負荷試験や定期点検を行わないとこのようなトラブルは必ず起こります。また、発電機のバッテリー交換には交換用のバッテリー(蓄電池)が必要なため手配するのに時間を要します。他にもバッテリー(蓄電池)からの液漏れや劣化なども起動時の不具合原因となります。

蓄電池(バッテリー)の交換と不具合

蓄電池(バッテリー)交換の目安は5年~7年です。勿論、気候や天候また、保存状態により変動します。環境により、蓄電池(バッテリー)の寿命が早まることもあり、2~3年で交換するケースもあります。エンジンが始動しない場合、蓄電池(バッテリー)だけの問題であれば、蓄電池(バッテリー)を充電し再度、使用することもできますが、一度、蓄電池(バッテリー)により電力供給ができなくなってしまったら、新品と交換することを推奨しています。一度、電力供給が行えなくなってしまった蓄電池(バッテリー)は新品の蓄電池(バッテリー)に比べ弱っているため、100%のパフォーマンスを出せなくなります。災害時に備え、不具合が見つかれば、新品の蓄電池に交換することを推奨しております。

非常用発電機の外部損傷例

外装の錆び・腐蝕

屋内型設置の発電機に比べ屋外型設置の発電機の外部損傷は天候に左右されやすく、雨や雪などの酸性雨により、錆やすくなります。また、外側から損傷が少ないように見えても中を開けると中は錆だらけで腐食しているということも珍しくありません。このような場合、大抵は非常時に発電機トラブルに見舞われ稼働しない場合がほとんどです。他にも外装の錆を放置しておくと、キュービクルに穴が空いてしまいます。

非常用発電機の排気管トラブル

排気管の詰まり

長期間にわたり、発電機を稼働させていないと排気管にも影響が出ます。排気管は野生動物の絶好条件です。排気管に巣を作られてしまうと、当然、排気ガスを完全に外に排出することができなくなり、事故の原因にります。定期点検や負荷試験を実施することで、盲点となりがちな排気管の状態に気づくことができます。

「不具合かも?」と不安に感じたら、直ぐご連絡下さい!
     
\ディーゼル発電機の不具合は当社にお任せ下さい/ \専門スタッフが安心できる点検を行います/
お電話でのお問い合わせ 
( 平日9:00~17:30 )
メールでのお問合わせは以下のフォームからお願いいたします。
メールフォームはこちらから

エンジンを始動しただけでは、全ての能力が発揮できるかどうかはわかりません

非常用発電機のトラブルはエンジンが始動したからといって、完全に使用できるかどうかはわかりません。ディーゼル発電機の不調やトラブルを見つけるには、エンジン始動後、出力を上げていく上で様々な不具合がみつかります。

注意 機器の故障やケガの原因になりますので、不良を発見された場合でも、くれぐれもお客様ご自身による修理・修繕、手を加える、その他分解・改造等の行為は絶対になさらないでください。

消防法点検と電気事業法点検は全く違います

電気事業法点検を実施しているから、「非常用発電機のトラブルはない」と思われている方もいらっしゃいますが、電気事業法点検と消防法点検の徹底的な違いは、電気事業法点検は「今、動くかどうか」に対し、消防法点検は「停電時や災害時に問題なく動きかつ、点検やメンテナンスがしっかりと行われているか」です。このことから、実際に電気事業法点検しか受けていないような非常用発電機の多くは災害時に始動せず、しかも、最悪の場合、事故につながるといったケースが多発しています。

ディーゼル発電機とガス発電機の違い

ディーゼル発電機は、一般的に多くの場所で設置、利用されている発電機です。ディーゼル発電機はその名の通り、燃料はディーゼル(軽油)やA重油を用いります。また、非常時に設置されいる発電機の多くは、大きなトルクを掲載した船舶用エンジンを採用しています。そのため、ディーゼル発電機は馬力が高く船舶や客船でも使われています。一方のガス発電機はディーゼル発電機に比べ排煙などの環境負担を軽減するため天然ガスなどが用いられます。ガス発電機を利用する例としては、ガス発電機はディーゼル発電機に比べ、静粛性が高く、振動音も少ないため、地域によって排ガスなどの規制がある場所にはディーゼル発電機よりもガス発電機を設置するケースが多くなります。

ディーゼル発電機に使用される燃料

ディーゼル発電機に使用される燃料は名前の通り、ディーゼル(軽油)です。但し、燃料でもディーゼル発電機に使用する燃焼は重油を使用する発電機もあり、特にA重油はよく使用されている燃料の一つです。また、A重油は重油の中でも最も軽油(ディーゼル)に近い性質を持っています。

異常箇所 症状 トラブル原因 対策
制御系の異常 セルモーターが回らない セルモーターの故障 モーターの修理及び交換
制御電源 始動信号が点灯せず、電源が入らない
着火しない セルモーターは回るがエンジンが始動しない 外気や部屋の温度が低い 外気温や気圧が極端に低い地域や極寒の土地では、セルモーターが回ったとしても着火しにくい場合がある。
他に何も問題がない場合、吸気ヒーターやオイルパンヒーターを始動させる。
燃料が供給されない コックの詰まりもしくは、コックが閉まっている コックの修理及び交換
空気が入り燃料が落ちている 修理
フィールドポンプの故障 フィールドポンプの修理及び交換
燃料フィルターの目詰まり 燃料フィルターの修理及び交換

ディーゼル発電機とディーゼル自動車

非常用発電機に使用されるディーゼルエンジンは、自動車で使用されているディーゼルエンジンが多く使われています。非常用発電機の故障原因の殆どがエンジンに関する故障です。自動車の場合、日常的に使用されることが殆どですが、非常用発電機の場合、停電時などの非常事にしか始動させることが大半のため、いざという時はエンジンが始動せず、停止してしまいます。自動車も長期間乗らなければ、バッテリー(蓄電池)が上がるといった現象が起こると同様に非常用発電機にも長期間放置しておくと、エンジンが掛からないなどのトラブルが発生します。

2種類のディーゼル発電機

非常用ディーゼル発電機は自動車のディーゼルエンジンと船舶用のディーゼルエンジンに分かれます。自動車で使用されているディーゼルエンジンよりも更にタフで耐久性に優れているのが、船舶用のディーゼルエンジンす。自動車用のディーゼルエンジンは回転数を上げ発電するため、トルクが乏しいといったことがあります。そこで、トルク重視のエンジンが船舶用となります。船舶用のエンジンは急変動する電力に対し、回転数変動を一定させ安定感のある非常にタフなエンジンが特徴です。船舶用のエンジンはとても強く耐久性にも優れているため、自動車用のディーゼルエンジンに比べ高価になりますが、大きな商業地や病院などでは、非常に頼もしいBCP対策となり、資産価値も高くなります。

オーバーランによる事故

エンジンが定格以上の回転速度で制御できずに運転されてしまうことで、オーバーラン状態となり、最悪の場合、エンジンの焼き付きや発火が起こります。

煙道火災による爆発

エンジン内部で燃焼しなかった残った燃料が、エンジンを出て、大気開放される間の煙道で意に反して爆発を起こす現象です。特に無負荷運転を繰り返すことでも起こります。無負荷運転の場合、発電機に発生する電磁力も弱く、エンジンが力を持て余しまいます。そうなると、エンジンの爆発が弱くなり、その結果、エンジンの温度も上昇しません。温度が上昇しないために、軽油やA重油などの燃料が完全に燃焼しきれず、未燃焼の燃料となります。低温始動や低負荷による長時間運転等で、燃焼温度が上がらず、点検や整備による不適切な処置により燃料が噴射するタイミングが合わず、燃焼できずに霧状となり、エンジンから排出され、煙道に未燃燃料として蓄積されます。この未燃燃料に高温の排気ガスや火種となるような物質が触れることで、着火し燃焼します。また、大型のV型機では、例え片方のバンクの燃料噴射タイミングが合っていなかったとしても、運転中は異音に気付きにくいため、適切な処置が遅れ事故につながる危険性が非常に高くなります。特に複数台の発電装置やボイラーなどの煙道が合流する場合、非常に危険なため注意が必要です。

爆発による被害

黒煙や白煙などによるスス被害

煙突や排管などから、黒煙やススが大気にまき散らされ、視覚的にも確認できるほどの量である場合、近隣住民からによる被害責任を問われる場合があります。

爆発音によるトラブル

爆発時は非常に大きな爆音がします。そのため、衝突音や振動などによる地響きが起こります。

人体に及ぼす被害及び怪我

煙道が破損した際に部品が飛び散ることで、人に当たり怪我をします。鉄の塊や破片が勢いよく飛んでくる可能性があり、当たるところによっては、重大事故や怪我につがる可能性があります。また、黒煙に含まれる物質には発がん性や呼吸器系に異常が出るような物質も含まれているため、過剰なばい煙(黒煙、白煙)の放出は健康にも被害を及ぼします。

カーボン蓄積によるトラブルを事前に防ぐ

非常用発電機の多くの90%以上がディ―ゼルエンジンを採用しています。ディーゼルエンジンは、酸素と燃料を混合し燃焼爆発させますが、その際にエンジンが冷えていたりすると、燃料が気化できず、結果、酸素と結合ででないために燃焼の質と回転効率が悪くなります。燃料の質が落ちてしまうことで、燃料が余ってしまいカーボンとして、エンジン内に蓄積されていきます。また、カーボンが蓄積したまま放置しておくと煙道火災につながります。煙道火災に至らない場合でも排気が通る経路上にカーボンが付着し詰まった結果、目詰まりし発電機が始動しないといったトラブルにもつながります。このようなカーボン蓄積によるトラブルを未然に防ぐためには、無負荷運転ではなくしっかりと負荷をかけた負荷試験が重要です。負荷をかけ、定期的に点検することで、ディーゼルエンジンが高温化し蓄積したカーボンは燃焼の際に排除されます。目詰まりや爆発を起こす前に負荷試験を行っておくことで、経費削減にもつながります。

三友工業で内部観察・負荷試験を行うメリット

内部観察はシリンダーを開けずに実施できます

内視鏡(ファイバースコープ)は当社で保有しています

内部観察は駐車スペースなどの設置スペースの確保が不要です

内部観察は発電機室内だけで実施できます

高圧非常用発電機(6600V)の場合、負荷試験よりも内部観察の方が安くなります。弊社の内部観察は当社自前の内視鏡(ファイバースコープ)を保有しているため、ディーゼル発電機・ガス発電機の細かいところまで点検し異常箇所を見つけ出すことができます。

非常用発電機の負荷試験・内部観察