燃料移送ポンプ LGBシリーズ
燃料別移送ポンプを各種ラインナップ
(灯油・軽油・A重油・特A重油)

耐油性に優れた安心構造

吸込、吐出側の接続はフランジ式で油漏れが起きにくい

ポンプ本体への圧力計・連成計の取り付けが簡単

お客様の燃料供給の環境に合わせて、灯油・軽油・A重油・特A重油とLGBシリーズは各種燃料に対応しております。


またLGBシリーズは、メカニカルシールのゴム部にA重油の耐油性に優れた、フッ素系ゴム(バイトン)を使用しています。メカニカルシールにはシールの焼き付きや早期磨耗防止のため、定義された「必要な漏れ」からくる微量な滲みが発生しますが、ゴム材質にニトリルゴムを使用している場合、必要以上の油漏れにつながります。ニトリルゴムはA重油に対して耐油性が劣り、ゴムが膨潤しやすく、油漏れの原因となります。ニトリルゴム使用のポンプをお使いの方は是非LGBポンプに交換をお薦めしています。


また接続方式でも吸込、吐出側にフランジ式を採用しているため、油漏れが起きにくい構造になっています。


ポンプ本体に、圧力計、連成計を簡単に取り付けることができます。アタッチメントを取り付けることにより、吸込側が油を上げる事ができない場合、ポンプの性能に問題があるのか、または鳥居配管などにより吸込みが邪魔されているのか、問題の切り分けが容易になります。

LGBポンプ LGBポンプ 計器

こんなトラブルないですか!?
Q:出圧力・吸込圧が不足する

吐出圧力=2Mpaから吸込圧力=-0.09Mpaまでラインナップ
地上200mに及ぶような高層ビルの場合、燃料移送には通常中継ぎのためのポンプが必要になりますが、当社取扱いポンプの場合、中間サービスタンクを設けることなく燃料移送を可能にし、低コスト化を実現できます。また吸込圧については、-0.09Mpaまで対応。お客様が使用される環境に合うポンプをご提供できますので、出力圧吸込圧不足といった問題も解消されます。

Q:メカニカルシールから油が滲んでいる

シールレスポンプ
軸封がマグネットタイプで、完全密閉・液漏れがありません。0.1L/min~600L/minまで送液可能。シールメンテナンス不要で低コストのシールレス型の燃料移送ポンプです。メカニカルシールから油が滲んでお困りの場合は、シールレスポンへの交換をお薦めします。
Q:ポンプの駆動音が大きい

スクリュー式ポンプ
低速から高速まで広範囲な回転域で使用が可能で、高速回転域での振動や騒音もごく僅かです。
製品に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 
( 平日9:00~17:30 )
メールでのお問合わせは以下のフォームからお願いいたします。
メールフォームはこちらから
直流電源盤
20年以上の実績で、非常時も安心安全

各種防災設備は非常時に備えて非常用発電機に接続されていますが、その発電機の起動は直流電源盤という装置が担っています。盤内の各種装置や蓄電池が経年劣化をしていると、もしものときの給電に支障をきたすことがあります。直流電源盤のメンテナンスは実績豊富な当社にお任せください。

給電の流れ

通常時、発電機が始動するために必要な電力を蓄電池に充電し、非常(停電)時にその電力をセルモータへ供給することで発電機を始動させます。

給電の流れイラスト
給電の流れイラスト
直流電源盤の電池寿命

直流電源盤は充電器・制御装置といった精密機器と、それら機器が正常に動作しているかを確認するための計器や表示灯といった部品で構成されており、各部品には標準的な推奨交換年数があります。推奨交換年数を過ぎると、いざというときの給電に支障をきたすことがありますので、適正な時期に交換をお勧めいたします。

部品別推奨交換年数
制御装置7ヒューズ5 (※)
電磁接触器7ファン3~5 (※)
操作開閉器10スイッチ式充電ユニット8 (※)
電解コンデンサ5グラフィックパネル8
リレー, タイマー5蓄電池(HS形)5
ハイローリレー5蓄電池(MSE形)8
計器類10蓄電池(MSE長寿命形)13
可変抵抗器5
※SBA R 0604(電池工業会)蓄電池設備の部品交換に関する第二次調査報告書
設備仕様
交流入力1φ 100V, 200V, 400V/3φ 200V, 400V/50/60 Hz
直流出力24V/48V/100V
外観 直流電源盤外観
取扱蓄電池
メーカー
GSユアサ/古河電池/日立化成(旧新神戸電機)
製品に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 
( 平日9:00~17:30 )
メールでのお問合わせは以下のフォームからお願いいたします。
メールフォームはこちらから
55dB対応 超低騒音パッケージ
ラジエーターをエンジンから独立させることにより、運転音が驚くほど静かに

エンジンを冷やす役割を果たすラジエーター冷却ファンは、エンジン回転を動力としているものと、電力で回転するするもの(電動ファンと)と二つのタイプがあります。これまでの非常用発電機では、エンジンの動力でラジエーター冷却ファンを回転させていたため、大きな音が発生していました。この発電機では、ラジエーター冷却ファンをエンジンから分離し、電力で回転する電動ファンを採用することにより、静音化を実現しました。騒音値は55dB(A)程度で、人が会話時に発する音よりも静かです。

超低騒音パッケージ
製品に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 
( 平日9:00~17:30 )
メールでのお問合わせは以下のフォームからお願いいたします。
メールフォームはこちらから