ホーム 非常用発電機メンテナンス トラブル例 冷却水配管定期点検放置事例

冷却水配管定期点検放置事例

劣化・詰まり

冷却水の配管の劣化や詰まりをそのまま放置しておくと、正常にエンジンを冷やすことができなくなり、エンジンの故障に繋がります。 また、冷却水が漏れ出し他の部品にも影響が出る可能性があります。また、サーモスタットは温度を調節する装置で、設定された温度を保つよう作られています。サーモスタットは高温になり過ぎないように調整する役目があり、一定の温度まで上がるとスイッチが切れ、一定の温度まで下がるとスイッチがはいるような仕組みです。他にも冷却水でエンジンを冷やす場合、冷却水の温度が低い間はラジエーターに送られずにエンジン内を循環し、冷却水をラジエーターに送るかどうかの判断も行うため、サーモスタットに不具合があれば、正常に冷却が行われません。サーモスタットは温度管理には欠かせない部品ですが、暖機を早めるためにも必要です。金属が冷えると、金属は固くなります。金属からの摩擦で傷が他の部品にも傷がつきます。しかし、サーモスタットがきちんと機能すれば、暖機を早めることができ、他の部品への影響も少なく済みます。

  • ゴム配管内 水垢溜まり 1

    非常用発電機のゴム配管内と水垢溜まり
  • ゴム配管内 水垢溜まり 2

    非常用発電機のゴム配管内と水垢溜まり
  • ゴム配管内 水垢溜まり 3

    非常用発電機のゴム配管内と水垢溜まり
  • サーモスタット取付部 水垢詰まり

    非常用発電機のサーモスタット取付部と水垢詰まり
  • サーモスタット 水垢付着

    非常用発電機のサーモスタット水垢付着
  • サーモスタット カバー錆詰まり

    非常用発電機のサーモスタットカバー錆詰まり
  • サーモスタット 上部錆詰まり

    非常用発電機のサーモスタット上部錆詰まり
  • サーモスタット 破損

    非常用発電機のサーモスタット破損状況
  • サーモスタット 腐食

    非常用発電機のサーモスタット腐食
  • サーモカバー 腐食

    サーモカバー腐食
  • 冷却水温調弁 腐食

    非常用発電機の冷却水温調弁腐食