ホーム 非常用発電機メンテナンス トラブル例 バッテリー定期点検放置事例

バッテリー定期点検放置事例

膨張・水漏れ・電極板の錆び、劣化・結晶付着物

バッテリーとは電気を蓄電させておくための装置です。
また、定期点検やメンテナンスを受けずに放置しておくと、経年劣化や有機溶剤等の付着などにより電槽の蓋が外れやすくなり、液漏れなどの不具合が起こります。バッテリーに不具合が起こると蓄電されている電気がバッテリーから正常に供給されず、非常用発電機が動かないなどのトラブルになります。

     

    交換時期バッテリー

     

    古いバッテリーは上部が膨張していきます。

  • 交換時期バッテリー
  • 電極板錆び本体上部膨張

    電極板錆び本体上部膨張
  • 本体上部膨張

    本体上部膨張
  • 結晶付着塊

    結晶付着塊
  • 触媒栓結晶付着物

    触媒栓結晶付着物
  • 触媒栓・液洩れ付着物

    触媒栓・液洩れ付着物
  • バッテリー上蓋隆起

    バッテリー上蓋隆起
  • 電極版の腐食・錆

    電極版の腐食・錆

バッテリー異常が原因と思われる症状

症状 原因 対策・処置
スターターの回転速度の低下 バッテリーの放電 バッテリー調整・不良及び交換