ホーム 非常用発電機メンテナンス トラブル例 外装定期点検放置事例

外装定期点検放置事例

側面扉部・錆び、腐蝕

屋外型の非常用発電機の場合、屋内型の発電機に比べ劣化や腐食が早く外装に現れます。雨や雪などの天候による影響で内部に錆が侵食しているケースは数多く見られ、内部機器へのダメージも深刻です。 外装が腐食している場合、排気口にも影響が出てまい正常に発電機が始動しない可能性が非常に高くなります。

  • 本体・錆び・腐蝕 1

    非常用発電機の本体・錆び・腐蝕
  • 本体・錆び・腐蝕 2

    非常用発電機の本体・錆び・腐蝕
  • 外装内側・錆び及び腐蝕による亀裂

    非常用発電機の外装内側・錆び及び腐蝕による亀裂
  • 内部・錆びによる欠損

    非常用発電機の内部・錆びによる欠損
  • 側面扉部・錆び、腐蝕

    非常用発電機の側面扉部・錆び、腐蝕
  • 側面扉部・錆び、腐蝕

    非常用発電機の側面扉部・錆び、腐蝕
  • 側面部からの内部液漏れ

    側面部からの内部液漏れ
  • 経年劣化と気候による扉破損

    経年劣化と気候による扉破損