ホーム非常用発電機(補機類) 黒煙削除装置

ディーゼルエンジン始動時黒煙削除装置
既存のディーゼルエンジンに取り付けるだけで、始動時の黒煙を大幅カット
黒煙削除量75%以上

始動時の燃料噴射制御で不完全燃焼が軽減され
エンジンの信頼性が向上

本装置の維持管理は、定期点検時の消耗品の
交換程度で済むため、低コストで安心

始動時の黒煙が低減できるため、日常の
保守管理運転よる地域住民への影響も軽減

余分な燃料をカットするため、エンジン内部の汚れが軽減

装備部品がわずかなため、省スペース・
ローコスト

一般的にディーゼルエンジンは始動時に必要以上の燃料が供給され、燃焼ガスが濃くなり、不完全燃焼が起きて黒煙を数秒間排出します。そのため定期保守運転時には、黒煙に含まれるススや匂いなどが近隣住民や自然環境へ悪影響を及ぼします。黒煙削減装置を設置することにより、環境への負荷を軽減できるだけでなく、いざという時のエンジンの信頼性も向上します。

始動時黒煙削除装置の概要
電気始動方式

始動時の燃料噴出ポンプの噴射量を電磁弁でコントロールし、余分な燃料噴射を減らすことで黒煙をカット。

電気始動方式
空気始動方式

始動時の燃料噴射ポンプの噴射量を空気停止ピストンでコントロールし、余分な燃料噴射を減らすことで黒煙をカット。

空気始動方式
燃料噴射制御と回転数
燃料噴射制御と回転数
改善後の黒煙状況(一例)
非常用発電機 黒煙排出
フィルタータイプ ラインナップ