ホーム 非常用発電機メンテナンス トラブル例 ラジエータ定期点検放置事例

ラジエータ定期点検放置事例

液洩れ・錆び・腐蝕

ラジエーターは非常用発電機のエンジンを冷却する役目をしています。また、ラジエーター液とはクーラントを指します。定期的な点検を行わずに放置すると、腐食や錆が原因でラジエーターから中のクーラント(冷却水)が漏れ出します。クーラント(冷却水)が漏れ出すということは、知らず知らずのうちに冷却水がなくなるため、オーバーヒートを起こす原因にもなります。他にもラジエータキャップは圧力調整という非常に重要な役割をしています。内部に圧を加えることにより、沸点を上げ冷却効果が高まり、通常、水は100度が沸点ですが、加圧することにより100度では沸騰しないようにしています。
沸点が高いということは冷却効果が高いということですが、点検を怠ると、ラジエーターが上手く起動せずに非常時に使用できないといった事例が多数、報告されています。

  • ラジエータの不具合

    ラジエータートラブル
  • ラジエータ液洩れ 1

    非常用発電機のラジエータ液洩れ
  • ラジエータ液洩れ 2

    非常用発電機のラジエータ液洩れ
  • ラジエータ腐食

    ラジエータ腐食
  • 水位表示窓より内部サビ

    非常用発電機のラジエータ液洩れ
  • ラジエータ本体取外し

    非常用発電機のラジエータ本体取外し
  • ラジエータ下部腐食

    非常用発電機のラジエータ下部腐食
  • ラジエータキャップ ゴムパッキン劣化

    非常用発電機のラジエータキャップ、ゴムパッキン劣化