ホーム 非常用発電機メンテナンス トラブル例 コンデンサ定期点検放置事例

コンデンサ定期点検放置事例

パンク・発火

非常用発電機の点検を怠った原因で、コンデンサから出火し内部が焼けています。幸いにもケガ人は出ませんでしたが、不具合や異常を感じてもお客様ご自身による修理や修繕といった手を加える行為や部品の分解・改造等などは絶対に行わないで下さい。お客様判断で機器に触れた場合、大きなケガの原因にもなりかねません。

  • 出火のもとになったコンデンサ

    出火のもとになったコンデンサ
  • 出火により焦げた内部

    出火により焦げた内部
  • 出火により焦げた内部

    絶縁不慮による熔解痕