災害時の停電に備える非常用発電機のメンテナンス
2018年09月11日

内部点検の様子

近年、日本は全国的に災害が多発し、今年に入ってからは大阪で発生した地震や近畿地方を襲った台風災害、北海道で発生した北海道胆振東部地震はまだ記憶に新しいです。

地震大国と言われる我が国は、毎日、大小問わず地震が日本各地で発生しています。

先日、近畿を襲った台風では、電柱が折れたり、瓦礫や倒木が原因で1週間程度、停電が続いた地域も数多くあります。

こういった地震以外の災害で停電になることは、珍しいことではありません。

停電が数日続くと日常生活にも影響を及ぼすのは容易に想像がつきます。

近畿地方に在住の方は台風による災害が非常に少ないために、台風災害による意識が低い傾向にあります。

災害時は電気復旧にかなりの時間を要するため、緊急避難場所や病院では非常用発電機を常備している施設があるものの、実際の災害時には使用できなかったという例も数多くあります。

今回の北海道胆振東部地震では、北海 道全域がブラックアウトになるといった異例の非常事態も発生し、病院などでは非常用発電機が使用されています。

非常用発電機のメンテナンスを行っていないと、使用する際に稼働せず、稼働してもすぐ停止することがあります。

非常用発電機メンテナンスには、しっかりと知識を持った専門の技術者が行うことが重要で非常用発電機を使用してい なくても内部部品の劣化は必ず起こりますので、 定期的なオイル交換や部品の交換が大切です。

専門知識を持った技術者が非常用発電機の負荷試験や内部観察を行うことで、非常事態の停電に備えることができます。

非常用発電機トラブルによる二次災害はビル管理者の管理者責任に問われますので、いつ起きてもおかしくない災害に備 えメンテナンスをしっかりと行っておくことを推奨します。


 前の記事へ
この記事は最新です