ホーム 技術力 技術資料 使用燃料

使用燃料

使用燃料の種類

機種 AP25C-AP65C AP95C-AP300C AP400C-AP500C AY20L-500・
625L(H)
使用燃料 ディーゼル軽油 ディーゼル軽油・
A重油
ディーゼル軽油・
LSA重油
ディーゼル軽油・
A重油

※燃料は、ディーゼル軽油又はA重油をお使いください。
※灯油燃料の使用についてはご相談ください。

気温 使用燃料 流動点
283K {10℃}以上 A重油 -10
268K {-5℃}以上 ディーゼル軽油 JIS軽油2号
258K {-15℃}以上 JIS軽油3号 -20
248K {-25℃}以上 JIS軽油特3号 -30

※燃料は、温度低下に従い粘度が増加し、極低温では、パラフィンなどが析出するため、下表を参考として燃料の種類を変更ください。


A重油の性状

推奨燃料油

動粘度
cSt323K {50℃}
No.1レッドウッド
粘度秒323K {50℃}
セタン価 流動点 K {℃} 残留炭素分
(重量)%
3.5~8 35~46 45以上 263 {-10} 0.72以下
灰分
(重量)%
イオウ分
(重量)%
水分
(体積)%
引火点
K {℃}
比重
288K/277K
{15/4℃}cm3
0.03以下 1.0以下 0.1以下 333{60}以上 0.85以下

※本機関の燃料としてA重油(JIS K2205 1種2号)を使用する場合下表性状のものを選定ください。

【注意】
上表は主要石油メーカーがディーゼルエンジン用として市販している一般性状です。
ディーゼル機関用として貯蔵する燃料油が冬期(寒冷期)にかかる場合は特に流動点に注意して購入してください。

LSA重油の性状

推奨燃料油

動粘度
cSt323K {50℃}
セタン価 残留炭素分
(重量)%
比重
288K/277K{15/4℃}cm3
1.5~4.5 45以上 0.3未満 0.82~0.86
灰分
(重量)%
イオウ分
(質量)%
引火点 K{℃} -
0.01未満 0.5未満 333{60}より大きい

※AP400-500Cの燃料としてLSA重油(オプション仕様)を使用する場合、陸内協規格(LESR3004)及び、日本工業規格(JIS K2205 1種1号)による性状のものを選定下さい。